生活

保育園と保護者とのトラブルが起きないための秘訣はコレだ!

投稿日:2019年8月14日 更新日:

ハイサイ!きんじょうです。

保育園に子供を預けている方の中には、保育園側となかなか馴染めないとか、保護者同士に馴染めないという方もいらっしゃいます。

実際に、「保育園側とうまくいかなかったからこちらに移ってきました」という保護者の方もいらっしゃいます。逆もありますが・・・

 

せっかく子供もお友達ができて楽しんでいるのに、保護者さんの原因で保育園を移るってなったら何かもったいないですよね。

そこで、これさえ意識しておけばトラブルなんて起きないよ!という秘訣を紹介します!

 

スポンサーリンク

コミュニケーションこそが一番大事

子供の受け入れ

トラブルにならないための一番の秘訣は、ズバリ「コミュニケーション」です!

 

何だ、そんなことかって思いましたか?

でも、 コミュニケーションにはそれだけ凄い効果があるんですよ!

コミュニケーションがちゃんととれていたら、大体のことは大きなトラブルにならずに済みます。

 

逆に、ちゃんとコミュニケーションがとれていなくてトラブルになるケースも多々経験してきました。

 

コミュニケーションが大事な理由

保育園と保護者のコミュニケーションが大事な理由を見てみましょう。

親しみが持てる

コミュニケーションがとれていないと、話していてもどこかぎこちなくなってしまいますよね。

無難な会話ばかりしていると、お互いに言いたいことや伝えたいことが言えなかったりします。

そうすると、どこかですれ違いが生じて何かしらのトラブルに・・・なんてことが起きる可能性があります。

 

ちゃんとコミュニケーションがとれていると、保育園側も保護者側も言いやすくなるし、聞き入れやすくなるのでお互いにとってもいいことです。

 

子供の変化に気づきやすい

コミュニケーションがとれていると、ちょっとした変化があったときに何気なく話すことがあります。

例えば、「口元に赤くプツプツができてるね」とか「昨晩は微熱があったので様子を見てください」などをお互いに気づいたことを伝えることで、子供の体調の変化にも早く気づくことができるし、流行る病気にも対応できます。

 

変化に気づいていても、コミュニケーションがとれていないと「このくらいだったら大丈夫だろう」と、伝えることを面倒に思ってしまいがちです。

それで保育園でも手足口病やインフルエンザが流行ってしまったことがありました。

 

ちょっとした変化でも、一応伝えていた方が後々になって面倒にならずに済むこともありますよ。

 

子供に合った子育て・保育ができる

保護者がやりたい子育てを伝えていると、それに合わせて保育者も子供と接することができます。

これはとても大事なことで、家庭と保育園がそれぞれ違った方針で子供と接していると、子供はパニックになってしまいますよね。

 

保護者の方から「こんな子育てがしたい」と保育士に伝えてくれた方が保育園側も助かります。

子育ての方針がわかると、保育のプロとしてのアイデアやアドバイスができるのと、正直なところ、若干ひいき目で見ちゃいます。

保護者から相談されると、信用されている嬉しさで張り切って動くのが保育士です!

いい意味でジャンジャン保育士さんを使っていきましょう。

 

色んな相談ができる

子育ての相談以外にも、家庭のことや個人的な相談ができます!

何かオプションみたいな話ですが、これが結構多いんですよ。

仕事のことや義理の親のこと、旦那さんのことや離婚問題まで、身内に話せないことでもいつも顔を合わせている保育士さんや園長先生になら話せるようです。

色々と相談にのったことのある保育士さんも多いはずなので、何か悩まれているのでしたら保育士さんに相談してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

 

コミュニケーション不足は子供にも良くない!

保育園と保護者のコミュニケーションがとれていないと、日にちがたつにつれてクレームが多くなってしまう可能性があります。

そうなってくると、 保育園側が子供中心の保育ではなく、保護者中心の保育になってしまう傾向にあります。

 

今の時代、保育園側としてはクレームやトラブルが怖いのです。

一昔前なら問題にならなかったことが、今ではすぐ役所から連絡が来たりします。役所としてもクレームやトラブルが最も避けたいことらしいです。

 

そうなってしまうと、何も問題が起こらないように子供を叱れない、注意することができない保育士がでてくることも考えられます。

ちょっとした動きにも過剰に反応して「危ない!」といって経験させることを止めてしまうかもしれません。

それでは、

せっかく保育園という経験や学びの場所にいても、何も経験できない、何も学べないという環境にいる子供が可哀そうだし、もったいないです!

 

こういう問題は、普段からの保育園と保護者のコミュニケーションで回避できることなのです。

 

さいごに

ジャンプする子供

保育園と保護者がきちんとコミュニケーションをとることが、みんなにいい影響があるということを知ってもらえたでしょうか?

いつの時代でもコミュニケーションはとても大事なことだと考えて、日々保育に接しています。

 

話すことでお互いに信頼が生まれ、何気ない会話が楽しみになり、子育てに一息できるといいですね。

 

まだ保育園とコミュニケーションがとれていない方がいましたら、明日にでも何気ない話でいいから話しかけてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-生活
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おもちゃを咥える赤ちゃん

赤ちゃんが使うおもちゃの消毒方法と洗い方!舐める理由はなに?

ハイサイ!きんじょうです。 赤ちゃんって何でも口の中にものを入れてしまいますよね。 毎日使っているおもちゃも口に入れて舐めていますが、衛生面で気になりませんか? そこで、赤ちゃんのおもちゃの消毒方法や …

クーラー

夏に体調を崩しやすい子供はクーラーによる冷えが原因かも?

ハイサイ!きんじょうです。 今年の夏も全国的に暑くなりましたね~。 36度~38度まで気温が上がると結構キツいですね。 ここまで暑いと子供たちの熱中症も心配ではないでしょうか。   そんなと …

眠る子供

子供の睡眠不足による影響を調べてみた!理想の時間はどれくらい?

ハイサイ!きんじょうです。 保育園で保護者の方から、「子供がなかなか眠ってくれない」という話をよく聞きます。 何時に眠るのか聞いてみたら、なんと22時や23時! 明らかに睡眠不足になりますが、昔と比べ …

子供にイライラする母

子育て疲れで一人になりたい方必見!イライラしたときの対処法!

ハイサイ!きんじょうです。 保育園を営んでいると、子育て疲れしているお母さん方に接することもよくあります。 ただでさえ大変な子育てなのに、身も心もボロボロな状態だとすべてがきつくなってもっと大変ですよ …

すねる子供

離婚が子供に与える影響!保育園経営者がおオススメする5つの対応術!

ハイサイ!きんじょうです。 長いこと保育園をやっていると、保護者の方々から色んな相談と持ちかけられます。 その中には、子供にも影響を与えてしまうことがあります。 それは「離婚」です。 沖縄は、長年にわ …

ブログ管理人のきんじょうです。

40代、保育園経営者です。

カミさん、猫、カメ、インコ、金魚と仲良く暮らしています。

急がず、焦らずの生活を目指して日々勉強中です。